目隠しフェンスが生み出す空間利用

お知らせ

2017年08月22日
目隠しフェンスが生み出す空間利用を更新。
2017年08月22日
住環境の向上を目指してを更新。
2017年08月22日
装飾の観点から見るを更新。
2017年08月22日
プライバシーをディフェンスを更新。

目隠しフェンスを活用するメリットは

ガーデニングなどでは目隠しフェンスを使っているところも増えています。この目隠しフェンスは、名前からもわかるように、プライバシーの保護に有効です。そのため、マンションなどだとしてもベランダに設置している例もあります。目隠しフェンスをすることによって、外部からの気になる視線は遮断しつつ、風や日光などはある程度取り入れることができるようになります。
また、こうしたフェンスは素材によってはオシャレにもなりますし、ガーデニングの雰囲気を盛り上げてくれるでしょう。目隠しフェンスはお店でもよく利用されています。目隠しフェンスをお店の外装に利用したり、またインテリアに活用しているところもカフェや美容室、フラワーショップなどなどでよく見られます。ナチュラル感を強調することができ、また周囲から見られるという重圧が無くなるので、居心地も良くお客さんにも好評とのことです。
目隠しフェンスは木材を使ったウッドフェンスが特に人気が高いのですが、その材質は様々になります。耐久性も違いますし、また塗装の有無や、屋内か屋外かで選ぶべき材質は異なってきます。材質のことまでは難しいという人は、ホームセンターやショップなどでよく相談してから決定した方が良いでしょう。

目隠しフェンスと人工芝でベランダをお庭に

マンションなどでベランダがせっかくあっても、結局使っているのは洗濯物を干すだけというような家庭は多いのではないかと思います。ベランダがせっかく広々していてもただ洗濯物を干し、荷物を置くだけなら宝の持ち腐れです。目隠しフェンスと人工芝でちょっとしたお庭に改造してみてはいかがでしょうか。目隠しフェンスを使うことによって、外部からの視線を遮ってベランダをひとつの空間として使いやすくなります。
壁面の代わりに何かを備え付けたりすることも可能です。人工芝はできれば複数色の芝葉をもったリアル人工芝を利用すると良いでしょう。人工芝の中でも耐久性があり、クッション性の良いものを利用するなら、お子さんのいる家庭であればちょっとした遊びスぺースにもなります。雨や風の強い日でも、フェンスがある程度は中への侵入を防ぎますし、また日光が強い夏場もフェンスが遮ってくれるので過剰な日焼けの心配もありません。
庭として、鉢植えや屋外用のイス、テーブルなどを置いても良いでしょう。ただし、マンションの場合目隠しフェンスは位置によっては消防法に引っかかりますし、落下や破損によって周囲に迷惑をかけた場合には保障問題となりますので、マンションオーナーや管理会社にしっかり確認してから使用するように気をつけてください。

カテゴリ

カレンダー

2018年7月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031