装飾の観点から見る

お知らせ

2017年08月22日
目隠しフェンスが生み出す空間利用を更新。
2017年08月22日
住環境の向上を目指してを更新。
2017年08月22日
装飾の観点から見るを更新。
2017年08月22日
プライバシーをディフェンスを更新。

目隠しフェンスで美しく住まいを守る

住まいの安全と外観を向上させるためには目隠しフェンスが必要です。立派な家をさらに良く見せることに一役買いますし、その家を物理的に守るのと同時に視線も遮ってくれます。これから新たに作ったりリフォームしたりすることを考えるのであれば、オシャレで機能的なものにしてみるのも長く暮らす住まいとの良い付き合い方です。

カタログだけを見てピンときたものを選ぶのもいいですが、全体で見て違和感がないかを重視すると後々満足できるはずです。和風か洋風かという点から見たり、あるいは重苦しさを感じにくい目隠しフェンスだったり、どれを一番と考えても構いません。隙間なくガッチリとガードするよりも、風や光を取り入れるデザインも良いでしょう。

外から見た感じだけでなく家の中や庭から外を見たときも適度に景色が入ってきて目の保養になるので、境界をきっちりと作りたくない人には軽いデザインも魅力的かもしれません。特に白を基調とした明るい色は太陽光を反射して実際よりも柵の間から目線を通しにくくなることもあり、見た目の軽い印象よりずっと機能的です。

目隠しフェンスの値段は素材によって上から下まで幅広く、しかも施工業者に工事を依頼せず商品のみ購入して立てることもできるため安価で設置することが可能で、購入に際しての壁は低いといえます。

開けれなかった窓を全開出来ました

10年ほど前に家の外観だけ残して、中を全部リフォームして新築そっくりさんにしました。その時は、あまり外観は気にしなかったのですが、中がキレイになったので、ある日裏側に回って自分の家を客観視したら、とても古い家に見えてがっかりしました。周りが結構立て込んでいて、今迄我が家の外観が全て見えてしまうことがなかったのですが、ここ最近裏の1件が新築して新しい住人になり、もう1件が建物を壊して駐車場にしたので、我が家の外観が丸見えになってしまいました。
裏側は、リビングと浴室になっていて、1日の大半をそこで過ごしているので、季節の良い時には窓を開けて風通しを良くしたいのですが、リビング側の窓は裏の家の庭先になっているし、浴室の窓も駐車場なので、夜浴室に明かりを付けると外に姿が映ってしまいます。
そこで、目隠しフェンスをつけることにしました。目隠しフェンスには色々種類があって、相手側から何も見えずに、でもこちら側からは光も差込み、風通しも良いというフェンスを取り付けました。外からの視線や窓回りの汚れが気になり、家にいても窓を開けなかったり、汚れていても中々掃除出来なかったりと、結構神経をつかっていましたが、それも解消され安心出来ました。

カテゴリ

カレンダー

2018年7月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031